ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月10日

トン氏、マティプに対するファンの反応を賞賛

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

thon8-1462790623

オラフ・トン氏は、ジョエル・マティプの心情を1番よく理解できる人物だろう。ゲルゼンキルヒェン生まれの同氏は、シャルケのユースを経て、1990年にワールドカップを制覇。同じくシャルケのユースからプレーするマティプのホーム最終戦を前に、別れを伝えるのにふさわしい人物である。


「ジョエル・マティプに別れを告げる役目を得てとても嬉しく思うよ。」そう語ったトン氏は、さらに「ファンたちは正しいリアクションを見せていた。特にU9から在籍して、現在所属する選手の中でもっとも長くシャルケでプレーしてきたマティプに対してね。」と言葉を続けた。「時には移籍をする選手に対して辛辣な声が浴びせられるものだよ」


ファンからの雰囲気には、マティプ自身も喜びをみせており「これだけ長く在籍したクラブを後にするのは特別なことだよ。シャルケは僕の人生だった。これから僕はホームを後にすることとなる。今回の別れを、僕は決して忘れない」と感謝の気持ちを述べている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報