ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月14日

昨夏に父が死去…“皇帝”ベッケンバウアー氏の孫、シャルケ移籍へ

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DF内田篤人が所属するシャルケが、バイエルンから“皇帝”の血を引く選手を獲得する見込みだ。ドイツ紙『ビルト』が13日に報じている。


報道によると、U-16バイエルンに所属する15歳のドイツ人DFルカ・ベッケンバウアーは、来シーズンからU-16シャルケでプレーすることになる模様だ。名字からもわかるとおり、同選手はバイエルンの名誉会長を務める元ドイツ代表DFフランツ・ベッケンバウアー氏の孫にあたる。


今回の移籍は、昨夏に起こった悲劇が原因だという。


2015年7月31日、フランツの息子であり、またルカの父親にあたるシュテファン・ベッケンバウアー氏が脳腫瘍により46歳の若さで他界。まだ少年のルカは父の死という現実をなかなか受け入れられず、悲しみに暮れていた。そして家族と相談した結果、故郷を離れて育成の名門であるシャルケの下部組織でプレーをすることが、選手としても、また人生の新たな歩みを進めるためにも、最適だと判断したようだ。


そして、ルカの家族がシャルケでマネージャーを務めるホルスト・ヘルト氏に事情を話し、移籍の可能性を尋ねたところ、同氏は快諾。当初、バイエルンは才能溢れるルカの放出を望まなかったようだが、理由が理由であるだけに、結果的に移籍で決着したという。


king