ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

地元紙ソース:DerWesten |  2016年05月24日

新マネージャーのハイデル氏「内田はとてもいい選手」

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1410273457

先日シャルケのマネージャーに就任したクリスチャン・ハイデル氏は、昨年の3月7日以来離脱している内田篤人について、地元紙デア・ヴェステンに対し「6月にはゲルゼンキルヒェンに戻ってくると期待している」との見通しを明かした。


同紙によれば現在内田は、マインツの武藤嘉紀とリハビリを行っており、マインツ時代に武藤も知るハイデル氏は環境について「とてもいいクリニックだよ。トップレベルだ」と評価している。


なお2015年に内田は、シャルケの医療スタッフは保存療法を勧めたものの、日本で膝蓋腱の手術を実施。だがハイデル氏は「医療には二つの考えがあり、逆に武藤に関しては、我々は手術を受けさせたかったが、保存療法を行うことになったのだ」ともコメント。


一方でハイデル氏は、開幕からオプションになるとは考えておらず「1年以上も離脱していたんだよ」としたが、内田については「彼はとてもいい選手だ」との評価も語った。