ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月03日

シャルケ、既報通りヴァインツィール監督を招聘

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

既報通りシャルケは、アウグスブルクからマルクス・ヴァインツィール監督を招聘した。そして同時にアウグスブルクは、後任としてダルムシュタットからダーク・シュスター監督を招聘したことも併せて発表している。


アウグスブルクとの契約は2019年まで残していたヴァインツィール監督だったが、アウグスブルクのホフマン会長は「それでもシャルケの道に進むために退団を決意した」と説明。マネージャーのロイター氏は「この素晴らしい時間と成功に感謝している。我々アウグスブルクは、マルクスと共に成長を遂げた
シャルケでの幸運を祈るよ」とエールを贈った


2008〜2012年までレーゲンスブルクにて監督を務めた同氏は、アウグスブルクを残留を争うクラブからヨーロッパリーグ出場まで果たす飛躍に大きく貢献。


シャルケで新たにマネージャーに就任したハイデル氏は、「新たな戦術的コンセプトをもたらしてくれる人物。それに素晴らしいソーシャルスキルももっているよ。正しい時期に正しい男を迎え入れられた」と喜びを見せ、一方のヴァインツィール監督は「シャルケでの監督業は、ぜひ取り組んでみたい大きな挑戦だ。」と意気込みをみせた。


なお今回の招聘にあたってシャルケは、移籍金200〜300万ユーロを支払い、さらに成果に応じたボーナスもつけられている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報