ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月18日

アウグスブルク、シャルケから若手フリードリヒ獲得

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

ダルムシュタットからダーク・シュスター監督を迎え入れたアウグスブルクは、そのダルムシュタットから補強をしないことでクラブ間で合意していることを明かしていたが、その一方でマルクス・ヴァインツィール監督が移籍したシャルケから、若手CBマルヴィン・フリードリヒを獲得した。契約期間は延長オプション付きの3年、シャルケとの契約は2018年まで残していたのだが、契約に関する詳細は両クラブともに明かしていない。


20歳のU20代表CBは大きな才能と目される期待の選手であり、「これからうちでの数年間で成長していくと確信している」と、マネージャーのロイター氏は期待を述べている。


フリードリヒは昨季はトップチームでの出場は2試合、下部チームでは15試合に出場しており、昨年ではマリボル戦でチャンピオンズリーグデビューを果たした。