ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月23日

ヴァインツィール監督「口ではなく態度で示す」

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

前日アウグスブルクからシャルケへの移籍が発表されたマルクス・ヴァインツィールは、入団会見にて「ここにこれて嬉しいよ。(少し時間がかかったが)シャルケでの新しいシーズンを楽しみにしている」と喜びを語った。はじめての大きなクラブでの指揮となるが、不安視される声に対しては「それぞれいろんな人の意見があるだろうが、私には私なりの意見をもっているよ」と反論。レーゲンスブルク、アウグスブルクで8年間監督としての経験を積んできたヴァインツィール監督は、「新しいことを始めるのに良いタイミングだ。正しいステップを踏み出していると思う。みんなと一緒にうまくやっていきたいね」と述べている。


マネージャーのハイデル氏は「自分が想像していたタイプにとても近い人物が、いま私の横に座っている。これまで選手としてあまり成功していない人物とうまくやってきたところもあるしね。マルクスが正しい人物だと強い確信をもっているよ」とコメント。


またすでにナウドを獲得したことについて「マネージャーに賛辞を贈るしかないね」と賛辞を贈った新指揮官は、一方でドイツ代表サネには他クラブからの関心が寄せられているところだが、ヴァインツィール監督は「サネはチームを代表する自前の選手。ヘヴェデスやフェアマンらと同様に、ファンにとって重要な存在だよ」との見方を示した。


なお来季の目標については「誰もタイトルの獲得の必要性については口にしていない。まずはしっかりと分析をして、現実的な目標を設定する」と同氏。そしてさらに「それは口で示すものではなく、態度で示すものだ」と意気込みを見せている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報