ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月02日

マンC、ドイツ期待の若手FWサネを獲得

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1469094105

すでに時間の問題となっていたリロイ・サネのマンチェスター・シティ移籍だが、火曜日に成立したことが正式に発表された。マンCはドイツ代表FWの獲得に移籍金5000万ユーロを投じ、2021年までの契約を締結。これでサネはシャルケ史上最高額というだけでなく、レアルからアーセナルへと移籍したエジル(4400万ユーロ)を抜き、ドイツ人選手としても最高額の移籍金額で移籍することになる。


今季よりバイエルンからマンCの監督に就任したグアルディオラ監督は、「彼は特別な才能を持った魅力的選手だ。ファンたちを楽しませてくれると思うよ。素晴らしい技術的な能力を有しており、ボールをもってうまく対処できる。彼のプレーは見事なものだ」と賞賛。「クラブにとって大きな価値があるし、彼は伸びしろをもった選手だよ」と獲得の喜びを語った。


一方のサネは「うまくいって、ここにこれて嬉しい。グアルディオラ監督が決断した理由の一つだった。彼が移籍、そして成長できるということを納得させてくれたんだよ」と明かし、「バルサもバイエルンでも彼のことはチェックしてたし、彼は多くの成功を収め、そして若手選手たちと本当にうまく取り組んできた。僕をより完璧に作り上げていってくれると思っている。確かに別のリーグに来たことでスタイルの慣れに時間が必要だろうけど、でもとてもはやく対応できると思うよ」と述べている。


260x195_6CmCI8mpdBFW:リロイ・サネ(via Facebook)

“シャルケファンのみんなへ、

この場を借りて、みんなに感謝の気持ちを伝えたい。僕は2011年からシャルケでプレーしてきた。ここでブンデスリーガーとなり、ここでドイツ代表選手にもなった。この数ヶ月間というのは、僕にとってまさに夢のような時間だったよ。SNSで寄せられたみんなからのコメントは読んでいるし、まだ早すぎると考えている人たちが多いということもわかっている。でも将来のことなんて誰にもわからないし、いつまたこういうチャンスを得られるかわからない。だから僕はこのチャンスを活かしたいと思った。家族と僕は、マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督との話し合いを重ねていくうち、彼はこのイングランドの地と国際舞台で何をどのようにして掴み取っていきたいのか、そのことに確信をもつことができたんだ。このステップへと進む準備はできている、そう僕は思っているよ。でも信じてほしいのは、決して僕はシャルケのことを忘れるようなことはないということだ!”

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報