Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月12日

主将のゴレツカ、一足早くリオを離れてリハビリ

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

goretzka800-1470925347

レオン・ゴレツカが一足早く、ブラジルからドイツへと戻って来ることとなった。すでにマネージャーのハイデル氏は、kickerに対して「おそらくそうなるだろう」と述べていたのだが、DFBは木曜午後に正式に発表を行っている。


リオ五輪の初戦メキシコ戦で肩を負傷したゴレツカは、その後の2試合は欠場を余儀なくされており、主将をマックス・マイヤーに任せ、観客席からチームを応援していた。


回復具合については「とても良いし、すでに個人練習も行っている」状態だが、「これからの準々決勝、そして勝ち進んだとしても準決勝でも」欠場の可能性があることから、ドイツで回復を目指していくことで合意へと至っている。


ハイデル氏は「レオンが万全ではなくては、ブラジルに残ることに大して意味はないさ。ブラジルでもチームのために貢献していると思うし、治療を行っているだろうが、それでもドイツに戻ってくることのほうが意味があるよ。ここでリハビリを行うことは良いことだと思うし、楽しみにしている」と語った。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker