Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月16日

定位置争いに自信を見せるガイス「調子は良い」

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1471292153

まるでデジャビュのような感覚に襲われたのではないか。昨年もシーズン開幕イベントのトウェンテ戦で直接フリーキックを決めたヨハネス・ガイスが、今回のアスレチック・ビルバオ戦でも同様に直接フリーキックからゴール。昨年はその後のポカール1回戦でも直接フリーキックを決めているだけに、ポカール1回戦ヴィリンゲン戦に向けて1つの良いシグナルだといえそうだ。


しかしそんな幸先の良いスタートを切った昨年だったのだが、それ以降の公式戦で直接フリーキックを決めたのは、2月に行われたヴォルフスブルク戦のみ。シャルケ2年目となる今年は、違う展開をみせたいところである。


今季は少なくとも5kg以上は落として臨んでいるというセットプレーのスペシャリストは、「今回は全ての準備期間に参加できた」ことに喜びをみせており、ビルバオ戦のみならずフィオレンティーナ戦でもセットプレーからナウドとの新しいホットラインでアシストをマーク。


現在はシャルケではボランチを模索しているところだが、ガイスは「クオリティをもった選手の加入はチームにとって歓迎」との意向を示し、「どういう選手が来るのかは知らないけど、でも僕はどんな定位置争いも受けて立つ。調子は良いよ」と自信ものぞかせた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker