Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月26日

シャルケが二人のボランチを獲得へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

ブンデス開幕戦を目前に控え、マネージャーのハイデル氏は新たに二人の新戦力を迎えることを明かした。


そのうちの一人、トッテナムより1年のレンタルで加入するナビル・ベンタレブは、移籍にあたって「シャルケでの挑戦を楽しみにしているよ。6週間前に関心が伝えられたとき、これが成立することを希望していたんだ。シャルケには素晴らしいファンがいて、プレミアでもビッグクラブの一つに数えられるクラブだよ」とコメント。背番号は10を身につける。


一方でパリSGより加入するベンジャミン・スタンブリについては、「メディカルチェックがあってね。滞りなくすすめば、練習に参加しない理由もないさ」とハイデル氏は語った。


なおベンタレブについては、昨シーズンは負傷によりほとんどプレーしておらず、さらに移籍を視野にいれていたことから下部チームにてトレーニングしている。だがヴァインツィール監督は「ベンタレブは万全の状態にある」と太鼓判を押し、「大きな才能の持ち主だ。これからチームに溶け込ませていくことになるが、必要なだけの時間も与えるよ」との考えを示した。買い取り金額は2000万ユーロとみられ、ハイデル氏によれば乳酸テストでは好成績をマークしていたという。


imageちなみに両選手ともに中盤を主戦場とし、共に似たタイプの選手だが、ハイデル氏は「このようなアグレッシブな選手がチームに不足していた。それが最初からテーマとなっていたんだ。これで我々は全てのポジションで二人を配置することができたよ。これが40試合以上を控えるシーズンを前にした目標だった」と胸を張っている。


さらにハイデル氏は、「オフェンス面で動きがあるかもしれない」とも述べたが、噂に挙がったトッテナムのソン・フンミンへの関心については「素晴らしい選手だが、そこに絡んではいない」と否定した。


また先日行われたリオ五輪に参加した2選手、レオン・ゴレツカとマックス・マイヤーの開幕戦出場は未定のままとなっている。


ヴァインツィール監督は、五輪で肩を負傷したゴレツカについては「万全の状態じゃなくては帯同させない」としており、さらに決勝でもプレーしたマイヤーについても「まだ疲れている、当然のことだがね。彼と話し合いをして、出場に意義があるのかを判断するよ」と語った。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker