ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月18日

今季最初のリーグ戦出場を待つシェプフ

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image
今冬に2部ニュルンベルクから、移籍金600万ユーロでシャルケへと加入し、その後13試合に出場して3得点3アシストをマークして、後にマンCに移籍したサネをも脅かすそ存在になるなど、一躍オーストリア代表としてユーロ参加という「1つの夢」も果たしたアレッサンドロ・シェプフ。

そしてそのユーロでも得点を挙げ、「貴重な経験」を胸に新たなシーズンでのさらなる飛躍を期し、リオ五輪でのマイアー不在も利用して定位置取りに臨んだシーズンではあるものの、開幕からここまでまだ1分も出場機会を得ることができておらず、ようやく巡ってきたELニース戦での今季初先発も、53分には早々に交代を告げられている。

しかしそれでもシェプフは、失意の色は見せず「監督には多くのオプションがあるから」とコメント。希望するトップ下には、リオ五輪銀メダリストのマイアーが、さらにウィングにはシュポ=モティングやエムボロが控えており、さらにセビージャからコノプリャンカもレンタルで獲得している状況だ。

ただそれでも冬にはジョーカーとして賛辞を受けている同選手としては、この状況でも10月2日までに5試合が控える「どの選手だって必要になってくる」この時期を活かし、定位置争いに名乗りをあげたい。