Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月09日

好調の中での代表戦期間も、ハイデル氏「とても嬉しい」

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスチャン・ハイデル氏

クリスチャン・ハイデル氏



開幕からリーグ戦5連敗を喫したシャルケ04。しかし最近ではリーグ戦、ポカール、そしてヨーロッパリーグで公式戦9試合無敗を継続しており、順位表では中盤の位置にまで浮上。勢いに乗る中で迎えた代表戦期間だが、しかしマネージャーのクリスチャン・ハイデル氏は「メンタルのためにも重要だよ」との見方を示した。「正直うれしいね」

理由の1つは『体力』の回復だ。「負傷者が何人かいるし、例えばブレーメン戦では3人のFWがいなかった」とヘルト氏はコメント。確かにフンテラール(膝の外側即副じん帯)とエムボロ(足首)は共に負傷を抱え、代表戦期間後もオプションとなることはないが、腹筋を負傷していたフランコ・ディ・サントについては助けとなる期間だろう。

もう1つの理由は『メンタル』の回復だ。代表戦期間は「メンタルにとっても重要なものになる」とハイデル氏は見ており、「下から這い上がってきたわけだが、そこでは多くのメンタルを要するものだ。それにタフなスケジュールの中で集中を切り替えていかなくてはならない。つまりは、集中を切らしてはいけないということだ。だからそれを回復できることはいいことでしかないよ。」説明。

最近のチームの好調ぶりには目を細めており、「いい形で来れているね。前回の代表戦からここまでの期間では、非常に成功を収めることができた。多くの勝ち点を重ねてきたし、ポカールでもヨーロッパリーグでも勝ち進んでいる。次も同様にいけば、誰も期待していなかった開幕ダッシュのつまづきを、修正できることになるよ」と期待感を示している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker