Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月11日

コノプリャーンカ軽傷、練習に参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

t 03 11 2016 Fussball UEFA Europa League 2016 17 4 Spieltag FC Schalke 04 FK Krasnodar Yevhe

果たして負傷をしているのか、していないのか。現在ウクライナ代表に参加中のイェウヘン・コノプリャーンカだが、水曜日に負傷したことが伝えられた一方で、翌日には最終調整に参加したことが伝えられている。

現在グループIで3位につけるウクライナにとって、金曜日に行われるフィンランド戦は重要な意味を持つ試合だが、水曜日に筋肉系の問題を抱え、メディアより最長3週間の離脱が伝えられていたコノプリャーンカだが、木曜日にウクライナ代表は全選手が最終調整に参加したことを伝えた。

シャルケが発表したところによれば、コノプリャーンカは圧迫神経を抱えており、筋肉には問題はないとのこと。最近のチーム好調のなかで状態を上げてきていたMFだけに朗報だ。

さらにエリック=マキシム・シュポ=モティングから朗報が届いており、膝の炎症でカメルーン代表参加を辞退していた27歳のFWは、水曜日の練習には姿をみせなかったものの、木曜日には再びピッチに戻ってきている。

その一方で、ドニス・アヴディヤイがコソボ代表へと参加。アルバニアの両親に生まれ、オスナブリュックにて育った20歳のFWは、これまでドイツの世代別代表で17試合に出場していた。

ただし今回代表デビューを果たすかどうかについては、手続きがおそらく間に合わないと見られることから、実現は厳しい状況にある。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker