Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月13日

ヴァインツィール監督「まだ満足はできない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1478876450
開幕からリーグ戦5連敗を喫するも、最近の公式戦9試合では無敗を継続するなど、状態が上向いて来たシャルケ04。

その理由としては、今夏から就任したヴァインツィール監督の考えが浸透してきたとも考えられるし、指揮官曰く「チームが成長してきた」ことも考えられるだろう。

いずれにせよシャルケは、4−2−3−1システムから、3−5−2システムに変更したことが功を奏したのは確かであり、なかでも特に恩恵を受けた選手がアレッサンドロ・シェプフだ。

先日のブレーメン戦では2得点をマークするなど活躍を見せる攻撃的MFは、「チームは機能している。そして僕は攻守で助けになれているし、とても楽しくプレーできているよ」とコメント。

さらに今回の代表戦では、そのブレーメンのユヌゾヴィッチが負傷で辞退したことにより、オーストリア代表でもチャンスが巡って来ているところだ。

一方のヴァインツィール監督は「まだ中盤の順位にいるのだから満足できない」とコメント。しかし「今は戦う姿勢、精力的な全力プレーはみられており、それはこのチームのベースとなるよ」との考えを示し、代表戦開けに行われる「ヴォルフスブルク戦までには、しっかりと状態を整えて臨みたい」と意気込みを見せた。

なお元ドイツ代表シドニー・サムは現在、U23でプレーする姿が見られているが、このことについてヴァインツィール監督は「サムは負傷により長期離脱していたし、彼にはU23でリズムをつかむための時間を十分に与えるよ」と述べている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker