Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月01日

ナウドとマイヤーが負傷も大事に至らず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


水曜日に行われた練習では、マックス・マイヤーとナウドと二人の主力の姿がみられなかった。週末の首位ライプツィヒ戦での出場が危うくなっているのだろうか?しかしkickerからの質問に対してシャルケは、ナウドは筋肉系の負傷を、マイヤーは足に問題をそれぞれ抱えているものの、あくまで念のための措置であり、木曜日から再び練習に参加するとの見通しを示している。

その一方で日曜日に行われたダルムシュタット戦で先発出場したものの、「試合前は問題なかったがハーフタイムでお腹の不調を訴えていた」(ヴァインツィール監督)レオン・ゴレツカは、水曜に行われた練習に参加。週末の試合でも特に問題はなさそうだ。

その一方で腹筋に問題を抱えるフランコ・ディ・サントは、まだ休養がつづいており、「日々様子を見ていかないとね」とヴァインツィール監督。kickerが得た情報では、アルゼンチン人FWはこのところも医師の下を足繁く通っているものの、どうやら週末の試合で出場することも困難な状況にある模様。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker