ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年01月27日

ナウド「相手PA内でいいところをみせないと」

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3836
昨夏にリヴァプールへと移籍したジョエル・マティプの後釜として、オフェンス力のあるベテランCBナウドをヴォルフスブルクから獲得したシャルケ。しかしここまではいまだ、その得意とする空中戦からはゴールシーンは生まれていない。

「インゴルシュタット戦ではもうすこしだったんだけどね」と振り返った同選手は、「いい形でボールは来ているんだ。でもたいていはダブルチームをかけられていてね」とコメント。「でも相手PAエリアでいいところをみせないといけないよね」と意気込みをみせた。

なお今回の相手フランクフルト戦では、ヴォルフスブルク時代の2014年3月に34mのロングシュートを決めた縁起のいい相手でもある。

ヴァインツィール監督は「前節は思ったような感じではなかった。もっとパフォーマンスを上げていかないと」と選手達に要求。マネージャーのハイデル氏も「ホームの観客をもりあげたい」と語った。

また先日獲得したダニエル・カリジュリの起用法については、指揮官は「先発候補」との見方を示しており、ベンチからアクセントをもたらしたアヴディヤイやブルクシュタラーについては「よくやってくれたね。しかしいいオプションがベンチに控えていることも重要だよ」との考えを示している。