ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月11日

飛躍のブルクシュタラーにチーム内からも賛辞

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1491821752
今シーズンは、ギド・ブルクシュタラーにとってまさに理想的なシーズンとなった。2部ニュルンベルクにて、前半戦の16試合で14得点をマークすると、後半戦からは強豪シャルケ04へと移籍。この大きな挑戦を前に、「正直、悩んだ」とkickerに対して打ち明けた同選手だが、しかし相次ぐFW陣の負傷でチャンスをつかむと、ここまで6得点をあげ定位置を確保。オーストリア代表への返り咲きも果たした。

週末に行われたヴォルフスブルク戦でも、2得点をマークし勝利に貢献した27歳のFWは「パスを多く受け取り、そして良い状況にあることが重要なんだ」とコメント。「できれば、ボールを奪ってから早く切り返しを行えるほうがいい。それによりビッグチャンスが生まれるからね」と言葉を続けている。

特にその得点の中で目につくのが、その6得点のうち実に4回が、1−0と試合の均衡を破る先制点をマークしているということだ。「それは偶然だと思うよ。どんな状況だろうが、僕は常に得点を狙って行ってるからね」とブルクシュタラー。

そんなブルクシュタラーについて、チームメイトのラルフ・フェアマンは「ギドについて悪く言うことなんてない。すぐにチームに馴染んでいるし、彼がいてくれて嬉しく思っている。ピッチの内外でとても重要な選手だよ」と評価。

一方でマネージャーのクリスチャン・ハイデル氏も「彼が見せているプレー、取り組む姿勢、闘争心、そして彼のゴール。彼がいて本当に嬉しいよ」との見方を示し、「チームにうまく溶け込めているし、観衆も彼のことを好んでいる。前半戦ではCFがほぼ不在という状況だったが、しかし今は、そういった選手の存在でどういったことができるのかを示しているよ。相手の守備陣へ脅威を与えられているね」と、新戦力の活躍に目を細めた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報