ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月09日

アウグスブルク、シャルケからギーファーを獲得

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


FCアウグスブルクは木曜夕方に、シャルケからファビアン・ギーファーを獲得したことを発表した。196cmの27歳のGKとは2021年までの契約を締結している。

ギーファーは「僕に対する期待感を嬉しく思うし、これからのアウグスブルクでのプレーを楽しみにしているよ」と、クラブ公式ページにて説明。

またマネージャーを務めるシュテファン・ロイター氏は「油ののった経験豊富なGKを獲得した」ことへの喜びを語った。「これから彼とともに戦っていくことを楽しみにしているよ」

移籍金額については、両クラブの取り決めにより特に明かされてはいないのだが、kickerが得た情報によれば75万ユーロが支払われた模様だ。

レヴァークーゼンにて育成されたギーファーは、そこでプロへの階段をかけ亜ガエルと、デュッセルドルフ、シャルケにてプレー。しかしシャルケでは怪我の影響やラルフ・フェアマンの影にかくれ、リーグ戦2試合、EL1試合の出場にとどまっており、今冬からは英国2部ブリストルへとレンタル移籍していた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報