ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月09日

シャルケがヴァインツィール監督を解任!後任は2部アウエのテデスコ氏

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


シャルケ04は金曜夕方、ドメニコ・テデスコ氏(31)を新指揮官として迎え入れることを発表した。7年ぶりに欧州の舞台を逃したシャルケのマネージャー、クリスチャン・ハイデル氏は「すべてのことをチェックする」と宣言。そして木曜日からヴァインツィール監督解任の機運が高まり、今回の発表へと至っている。テデスコ氏との契約は2年。

今季第24節就任時には最下位に沈んでいた2部アウエを、それから6勝2分3敗の成績を納めサプライズを演じ、見事14位で残留へと導いたテデスコ氏は、まさにハイデル氏が抱くコンセプト、若く、野心的で、結果を残している監督像にマッチしているといえる。アウエとの契約は残されているが、同クラブの会長は「話があれば聞く」とのスタンスを示した。

昨夏にマインツよりシャルケのマネージャーに就任するも、その1年目で7年ぶりに欧州の舞台を逃したクリスチャン・ハイデル氏は、この1年を振り返り、同じ昨夏にアウグスブルクから移籍金300万ユーロで引き抜いたヴァインツィール監督の下でチームの成長、そしてコンセプトが見られていないと判断。

そこで後任候補には、元レヴァークーゼンのロジャー・シュミット氏や、先日ドルトムントを解任されたトーマス・トゥヘル氏の名前などが浮上していたのだが、これまでマインツ時代にクロップ監督やトゥヘル監督らを見出した同氏は、31歳のテデスコ氏を選択している。

以前にもハイデル氏は監督人事でサプライズを演じており、2009年のマインツ時代に2部から1部へと昇格させたヨルン・アンデルセン監督を、開幕直前に解任。トーマス・トゥヘル氏をユースから抜擢したことがあった。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報