ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月11日

シャルケのハイデル氏が、アリへの関心を認める

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先日ヴァインツィール監督の解任と、テデスコ監督の就任を発表したばかりのシャルケ04。すでにその視線は来季にむけた補強へとむけられており、その先にはフランス期待の若手MFへと向けられている模様だ。

先日ナントのキタ会長は、プレミアの複数のクラブとともにシャルケもアミーヌ・アリにシャルケが関心を示していることを明かしており、さらに話し合いも行われたという。

そしてシャルケでマネージャーを務めるクリスチャン・ハイデル氏も、同選手に対する関心について「とても興味深い選手だ」と、kickerに認める発言を行なった。

ただしそれと同時に、「多くの選手の候補の一人だよ」とも強調。キタ会長が明かした交渉がどれほどまで進んでいるかはわからないが、しかしハイデル氏が「財力」を強調しているように、少なくとも1200〜1500万ユーロとも言われる移籍金はポイントとなることだろう。

しかしながら今夏にフランス代表として、韓国で行われたU20ワールドカップに参加した同選手の将来性は有望だ。19歳という若さながら、ナントで主力を担うまでに飛躍を遂げており、今季はリーグ戦30試合で出場を果たし1得点をマークしている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報