ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月02日

ドイツU21:キムゼー湖でのキャンプスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ポーランドにて行われるU21欧州選手権に向けて、キムゼー湖にて9日にわたるトレーニングキャンプをスタートさせたシュテファン・クンツ代表監督。

しかしおこsにはレヴィン・エズトゥナリ、マックス・マイヤー、ユリアン・ポラースベック、そしてオディッセアス・ヴラホディモスの姿が見られなかった。

エズトゥナリとポラースベックは風邪を拗らせているとのことで、シャルケのマイヤーは膝の古傷に問題を抱えている模様。さらに先日追加招集を受けたヴラホディモスは、足首に問題があるようだ。

なお6月8日には学生選抜、そしてローゼンハイムとの2試合のテストマッチを実施、試合は30分ハーフで行われるという。それからクンツ監督は、代表メンバーを25名から23名にまで絞りこみ、今月18日に行われるチェコ代表戦にむけて準備を進めていく流れだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報