ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年07月10日

リュディガー移籍の余波がシャルケを直撃?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ドイツ代表CBアントニオ・リュディガーのチェルシー移籍が発表されたが、その余波がシャルケにまで及んできそうだ。伊紙コリエ・デロ・スポルトは、ASローマが同選手の穴埋めとして、マティヤ・ナスタッチに関心を抱いていることを伝えている。

記事の中でASローマのモンチSDは「ナスタッチは経験豊富な良い選手だ。すでにフィオレンティーナ、そしてマンチェスター・シティでもプレーした経験ももっている」と評価。

2015年1月にシャルケと契約を結んだセルビア人CBだが、しかし契約には移籍金1500万ユーロで移籍可能となる例外条項も含まれている。

なおASローマはリュディガーの移籍により3500万ユーロを手にしており、さらに成果次第では500万ユーロ増額される見通しだ。(kickerが得た情報では、この移籍で古巣シュトゥットガルトも270〜400万ユーロを取得。)

昨季にセリエA2位でフィニッシュしたローマは、すでにチャンピオンズリーグGLへの出場権を獲得ずみ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報