ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年08月14日

シャルケ、ナウドが負傷のため欠場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ここまでブレーメンやヴォルフスブルクで優勝の経験をもつナウド。これからはシャルケでその喜びを掴み取りたいところだろうが、しかしながら月曜に行われるポカール1回戦では過度伸展のために遠征メンバーから外れた。

そのため今回がシャルケの監督として初陣となるドメニコ・テデスコ監督にとっては、3バックの入れ替えを余儀なくされるのだが、ヘヴェデス、ナスタッチ、インスア、ケーラーらのオプションに加え、サイドバックやボランチを起用するなどのオプションもある。

その候補の一人となるであろう、MFヨハネス・ガイスは「その役割は僕はこなせると思う。あそこではそこまでプレッシャーをかけられないし、うまくボールを配分して供給することができると思うよ」との考えをしめした。


なおそのライプツィヒ戦といえば、前回のホーム戦でティモ・ヴェルナーがダイブしたことが大きな話題となった一戦でもあるが、ガイスは「ティモ・ヴェルナーはうちのアレナではプレーしにくいと思うよ」とコメント。自身もアンドレ・ハーンに対するハードファウルで、グラードバッハの本拠地ボルシア・パークでブーイングを受ける経験もあり「彼の気持ちはわかるけどね。」とコメント。さらにシャルケのファンにフェアな対応を呼びかけている。

「確かにあの時は苛立ったし、ファンの気持ちも理解できる。でも僕たちは数週間で気持ちは切り替わっているし、ファンにもいいリアクションを期待している。あまり気にしないでほしいね。若い選手はそれで精神的につぶされてしまうこともあるんだから」