ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月18日

シャルケ、未来の主将ゴレツカ残留に向け、前例にない高額サラリー提示へ

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


現在シャルケに所属するナンバー1スター選手の確保に向けて、kickerが得た情報によればクラブ側は、前例にない破格のオファーを用意している模様だ。

昨シーズンまでのシャルケのなかで、もっとも高額なサラリーを得ていた選手は、チームの得点王として牽引し続けたクラース・ヤン・フンテラールの年俸700万ユーロだった。

しかしそのフンテラールは退団。基本的に人件費の削減を進めているシャルケでは、そのほかにもベネディクト・ヘヴェデスが少なくともレンタル中の1年間はサラリーは発生せず、さらに400万ユーロを得ていたシドニー・サムもチームを後にしている。

しかしシャルケが未来の主将として期待しているとみられるレオン・ゴレツカに対しては、バイエルンなどビッグクラブからの関心も寄せられており、そのため保持するためにkickerが得た情報によれば年俸1000万ユーロを用意している模様。これはクラブ史上でもみても最高額の金額だ。

なおシャルケの人件費は現在のところ、総額8000万ユーロから5000万ユーロにまで減少。平均年俸は200万ユーロとなり、現在もっとも高額なサラリーを得ているのはフランコ・ディ・サントと、イェフヘン・コノプリャンカが得ている400万ユーロという状況になっている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報