ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月25日

ユベントス移籍も負傷離脱続くヘヴェデス「とても失望している

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今季から監督に就任したドメニコ・テデスコ監督からキャプテンの任をとかれ、ファンから惜しまれながらも最終的にユベントスへとレンタル移籍を決断したベネディクト・ヘヴェデス。

しかし新たなホームでの船出は、ここまでまなかなか思うように事は運んでいない状況だ。「別のことを期待していたよ。左大腿に過度伸展を抱えてしまった」というドイツ代表。しかし回復をみせ「トリノダービーを心待ちにトレーニングに励んでいた」ところだったのだが、しかし再び筋肉に問題を抱えて数週間の離脱を余儀なくされている。

加入からすでに3週間が経過したが、いまだに出場できない状況に「本当にとても辛いよ」と心境をツイッターに綴ったヘヴェデス。「でもクラブの期待にできるだけ早くこたえられるよう、全力をつくしていくよ」と意気込みも示した。

またここまでのチームの印象としては、「両手を広げてみんなが温かく迎え入れてくれた。もちろん言語は勉強しているところで、そこまで理解できているわけではないけど、でもこの野心溢れるチームの一員であることは楽しいよ。今季も全ての大会で良い結果を得られるよう貢献していきたい」と述べている。

なお今回の加入形式はあくまでレンタルであり、レンタル料は年間350万ユーロとなっているのだが、契約にはユベントス側に買い取りオプションも付随しており、ポリバレントな30歳のDFがもしも公式戦25試合に出場した場合には、移籍金1300万ユーロ以上の金額で獲得が可能だ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報