ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月14日

復帰時期も、そして来季の動向も不透明なゴレツカ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最近ではスペインのメディアより、バルセロナとすでに移籍で合意済みとも伝えられたレオン・ゴレツカ。そのほかのメディアでは、ゴレツカはバイエルンもしくはプレミアへの移籍を視野に入れているとも伝えられたが、マネージャーを務めるクリスチャン・ハイデル氏は、一連の報道にも冷静な対応を見せている。

「なかなか楽しませてもらっているよ。毎日つぎつぎと新しいクラブの名前がでてきているね。もう名前がでなかったチームはないくらいに」と、kickerとのインタビューにて語った同氏は、「レオンはまずはこのシャルケでの仕事に対して意識をもつべき。まだ我々はシーズンを戦っている最中なのだから」と言葉を続けた。

だがまだその戦線復帰の時期についても、いまだ不透明となったままだ。右下肢のストレス反応により、今はゴレツカは制限されたトレーニングのみをこなす段階であり、バイクでのトレーニングなどで汗を流しているところ。まずは今週にも精密検査を受けて回復具合をチェックする予定だ。


なお月曜日に行われた練習では、感染症を患っていたマックス・マイヤーはじめ、軽傷を抱えていたラルフ・フェアマン、ナウド、フランコ・ディ・サント、マティヤ・ナスタッチ、そしてウクライナ代表から復帰したイェフヘン・コノプリャンカが参加する姿が見受けられた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報