ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月29日

ゴレツカ争奪戦にリヴァプールも参戦か?

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今季は副主将としてチームを牽引、前半戦ではブンデス2位で折り返すことに成功したシャルケのレオン・ゴレツカ。だがその一方で、シャルケとの契約は今季いっぱいまでとなっており、これまで数多くの欧州のトップクラブからの繋がりが指摘されているところだ。

確かにシャルケは全力で同選手を保持したい考えだが、しかしながら関心が伝えられている両マンチェスターとバイエルン・ミュンヘン、バルセロナなどは、国内リーグのタイトルのみならず、チャンピオンズリーグにおいても野心を抱くビッグクラブたちばかり。

そんななか、さらにプレミア・リーグのリヴァプールから、若きドイツ代表MFへの関心が伝えられた。ドイツ人指揮官ユルゲン・クロップ氏が率いる同クラブでは、ロリス・カリウス、エムレ・ジャンらドイツ人選手に加え、ジョエル・マティプ、ロベルト・フィルミノら、ブンデスでプレーした選手たちも在籍。さらに来夏にはライプツィヒからナビー・ケイタの獲得も決まっている。

また先日はファン・ダイク獲得に大金を投じたばかりだが、はたしてこれにレオン・ゴレツカも加わることになるのだろうか?確かにその可能性はある。しかしながらその可能性は非常に低いとはいわざるをえないだろう。ただいずれにせよ、ゴレツカは今度の1月中には何らかの決断を下す見通しだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報