ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月04日

シャルケ、U21代表FWトイヒャート獲得

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


シャルケがドイツU21代表セドリック・トイヒャートを獲得した。身長182cm、20才のFWとは3年契約で合意に達している。これでシャルケは2部ニュルンベルクから、この2年間で3人目(シェプフ、ブルクシュタラー)の獲得ということになるのだが、同選手については契約が今季までとなっていたことから、そもそも今冬でのブンデス1部での移籍が取りざたされているところだった。移籍金は100万ユーロとみられ、成果次第では2倍となる模様。

ドメニコ・テデスコ監督は「セドリックは若く、才能をもった選手だ。クレバーなプレースタイルをもち、いい得点嗅覚も兼ね備えているよ」と評価。「これから次のステップををともに果たし、そしてここで成長していてもらいたい」と期待感を示し、またマネージャーを務めるクリスチャン・ハイデル氏は「セドリック獲得に向けて精力的だったし、彼が決断してくれてとてもうれしく思っているよ」と喜びを見せている。

2014年に当時17才でブンデス2部デビューを果たしたトイヒャートは、ここまで2部41試合sに出場して11得点6アシストをマーク。今季はここまでリーグ戦15試合に出場しており、6得点2アシストを記録しているところだ。(kicker採点平均3.13)



セドリック・トイヒャート(FW:シャルケ)「早く決まって欲しいと思っていたし、スペインでチームと合流できてとても嬉しいね。火曜日の夕方に両クラブが合意に達したという連絡があって、僕は荷物をまとめて水曜午後にはハイデル氏と代理人とともに、フランクフルトからキャンプ地へと飛んだんだよ。テデスコ監督との話し合いで、彼は明確なプランを提示してくれたんだ。どう僕を成長されていってくれるのか。すぐに彼が移籍を決断する大きな理由になると思ったし、それにニュルンベルク時代からしるブルクシュタラーやシェプフとの話し合いでも確信をモテた。大きなステップアップであることはわかっているよ。今回のタスクをリスペクトしているし、とても意欲にも溢れている。どんどん成長していきたいんだ。シュート力でいいものがあると思うし、テンポドリブルや1vs1の場面もストロングポイントだと思うね。高いテンポで精力的に相手DFと競るのも好んでいるよ。シャルケは素晴らしいクラブだ。完売となったここの大観衆の前での試合を心待ちにしているよ。まだお客さんとしてもここにきたことはないんでね」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報