ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月31日

開幕戦でのゴール以来、無得点が続くコノプリャンカ

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1年半前にセビージャから、移籍金1250万ユーロで迎え入れたイェフヘン・コノプリャンカ。だがもしもマルクス・ヴァインツィール監督が今も監督であれば、その姿をシャルケで目にすることはできなかっただろう。ドメニコ・テデスコ監督が就任した今季は、ここまで20試合中18試合に出場し、kicker採点は3.38をマーク。

開幕戦でいきなりゴールを決めて上々の滑り出しをみせたものの、それ以降はいまだ無得点という状態がつづいているが、それでも決して全てが悪かったというわけではなかった。ただシャルケが期待していたほど、高いレベルでコンスタントにパフォーマンスを発揮できない時期が続いているのである。

ただ前節のシュトゥットガルト戦では、アミーヌ・アリからけガラ空きのゴールにあとは決めるだけというお膳立てを受けるも、それでも決めることができておらず、もしかするとこれまでの失敗が頭を駆け巡りすぎていたのかもしれない。

コノプリャンカにとってこれまでの分を取り戻すチャンス、それがこのシュトゥットガルト戦だった。だがそれを活かせなかったウクライナ人MFだが、それでもシャルケは同選手の復調を期待している。それは今冬に母国のシャフタール・ドネツクからの関心が寄せられながらも、シャルケ側が応じなかった点からも見て取れることだ。

しかしながらその一方でシャルケはユベントスから、マルコ・ピアツァを獲得しており、果たして次節でも引き続きコノプリャンカにチャンスが与えられるのか、それとも新戦力へアピールの機会となるのだろうか?


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報