ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月01日

ゴレツカが「新たに別のケガ」。ベンタレブにチャンスか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


土曜日に行われるヴェルダー・ブレーメン戦では、シャルケは二人の主力選手、アレッサンドロ・シェプフレオン・ゴレツカを欠いて臨む可能性がある。

以前に下肢のストレス反応などで長期離脱を余儀なくされていたレオン・ゴレツカだが、今回は「新たなケガ」であることをドメニコ・テデスコ監督が明かしており、臀部に「そこまでひどい訳ではないが」問題を抱えているという。「あまり練習ができていないからね。まだ2日の練習日が残されてはいるのだが」

そのため「負担をあまりかけられないため、練習に参加できていない」シェプフと共に、ゴレツカもまた週末の試合での出場が危ぶまれているところだ。仮にゴレツカが欠場となった場合、マッケニーも離脱中にあることからも、ナビル・ベンタレブが代役を務める可能性があるだろう。

「レオンとはまったく異なるタイプだけどね」と指揮官はコメント。ただしその能力については疑問の余地はなく、開幕から5試合で3試合で2得点をマークするなど上々の滑り出しをみせていたアルジェリア代表だったが、しかしながら恥骨炎を抱えて離脱してからは第10節以降、出場機会を得られない日々がつづいている。

だがそれも終わりを迎えることになりそうだ。ベンタレブについて、ドメニコ・テデスコ監督は「とてもいい練習をみせている」と賛辞をおくった。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報