ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月06日

ベンタレブがアピールに失敗、ナスタッチは出場停止に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末のブレーメン戦では、下位に低迷するチームを相手に1−2と敗戦を喫したシャルケ。上位争いにとどまるためにも、どうしても勝利を収めたかったところだが、ドメニコ・テデスコ監督は特に前半について「よくなかったね」と振り返った。「そこでハーフタムで修正を行ったよ。75分までは思惑通りにいっていた。ウィングで数的優位を作り出し得点への脅威をみせていたね」

さらにこの試合では、指揮官から先週のトレーニングの状態で賞賛を受けていたナビル・ベンタレブが先発復帰、アピールに燃えていたものの、規律をもったブレーメンの中盤に苦しめられる結果に。ベンタレブはむしろ疑問を残すこととなってしまった。

そのため水曜日に行われるヴォルフスブルクとのポカール準々決勝では、再びベンチに下がったとしても決して驚くようなことではないだろう。ベンタレブの代わりに後半から出場した同選手は、おそらく先発出場できるところまで復調を果たすことが期待されており、さらに今冬加入のマルコ・ピアツァもこのポジションでのオプションだ。

一方でポカールでは問題はないのだが、その後の週末に控える王者バイエルン戦では、シャルケはセンターバックの入れ替えを余儀なくされる。これはブレーメン戦でマティヤ・ナスタッチが累積警告による出場停止に達したためであり、守備の要ナウドは「彼は素晴らしい選手で大きな助けとなってくれている。しかしながら僕たちにはお互いでカバーしあっていけるだけの能力も持ち合わせているよ」とコメント。

オプションとしては、ティロ・ケーラーをナスタッチが務める左のCBに配置し、右にはスタンブリを起用することが考えられるだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報