ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月05日

シャルケのエムボロ「移籍金は気にならない」

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に行われたヘルタ・ベルリン戦にて、4試合連続で先発出場を続けたブレール・エムボロ。つまりは2016年10月におった足の重傷から回復し、さらに安定感が増してきているというその証だともいえるだろう。

若きスイス代表FWに対するファンが寄せる期待値は非常に高い。それもそのはず、エムボロ獲得に投じた2250万ユーロはシャルケのクラブ史上最高額の移籍金なのだ。

これまでにもマネージャーを務めるクリスチャン・ハイデル氏は、この移籍金額がエムボロの肩に重くのしかかっていることを幾度となく指摘。しかしながらエムボロ自身は、このことについて否定的なコメントを述べている。

「そんなことはないよ。僕はクラブがどんな金額を投じたかを気にするようなタイプではないんだ。それは他のひとのこと。その金額はあくまで、クラブ間で移動したものなのだしね。僕たち選手には何も影響はないんだよ。だから僕に影響することもないし、できれば世間のみなさんもあまり気にしないでくれればとは思っている。」

その一方で、自身のストロングポイントについて問われると、エムボロは即座に「フィジカル面での強さだね」と返答。だが自身に対する注文も決して忘れることはない。「ゴール前で勝負時に決めきれないんだ」

そしてさらなるモチベーションの向上を求めてか、エムボロは練習でチームメイトらと賭けをしており、それに負けた結果「食事をおごらなくてはいけないんだ。くやしいね」とも語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報