ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年04月06日

独代表レオン・ゴレツカ、まだ後半戦無得点の理由とは?

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


前半戦では4得点をマークしながらも、後半戦ではいまだ無得点のレオン・ゴレツカ。その理由について、ゴレツカ自身は、今の役割がこれまでと比較して、より守備的であることが影響したためとの見解を示していたが、kickerに対してドメニコ・テデスコ監督もこれを認める発言を行った。

確かにゴレツカのようなタイプの選手は、中盤で少し下がり目に入るだけでも影響を受ける傾向にあり、「彼にとって新しいポジションだ」と指揮官も強調。だがそれと同時に、「深いポジションにいる選手でも得点力をみせることはできる。4−4−2を採用するチームにあって、ボランチが得点力を示すことは、決して珍しいことではないよ。」と述べ、これからの目標としては「これからの試合で得点力を増していくこと」をあげている。

また「一人配置しているトップ下」には現在、フランコ・ディ・サントが起用されており、起用にあたって指揮官は「戦術的」な部分と「フィットネスコンディション」を考慮していると説明。その点でみればゴレツカは、負傷により長期離脱を余儀なくされていたハンデがあるが、だが木曜日にはテデスコ監督は、レオン・ゴレツカについて「後半戦で最も良い練習を行うことができていたね」と賞賛の言葉をおくった。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報