ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年04月09日

5選手に出場停止の可能性あったシャルケ、欠場はナスタッチのみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


土曜夕方から行われたハンブルク戦では、先発したカリジュリ、エムボロ、スタンブリ、ナスタッチ、そして前半戦でのレヴィアダービーでヒーローとなったナウドら、5選手が警告4枚という状況にあったシャルケ04。オフェンスの主力2選手のみならず、最悪の場合3バックの全選手を欠いて次節ドルトムント戦に臨む可能性もあったが、最終的には1人の出場停止のみに留まっている。

特にエムボロについては、運に恵まれていたといえるだろう。前半7分に相手DFダグラス・サントスに対するプレーをはじめ、幾度も主審から注意を受ける場面が見受けられた若きスイス代表FWだったが、幸運なことに警告までには発展せずに、後半75分に筋肉系の問題により途中で交代した。

一方でマティヤ・ナスタッチについては、後半55分に相手MFアーロン・ハントにおかしたファウルに対して警告が出され、次節のドルトムント戦では欠場ということに。なおナスタッチは2月に行われたバイエルン戦でも、ブレーメン戦での退場処分から出場停止となっており、その際にはティロ・ケーラーが代役を務めている。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報