ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年04月13日

シャルケ、セネガル代表サリフ・サネ獲得を発表

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


水曜日にハノーファーが、今季限りでサリフ・サネが移籍することを明らかにしたばかりだが、その翌日の木曜、シャルケがセネガル代表を獲得したことを発表した。契約期間は4年で2022年まで。

サネはハノーファーとの契約を残してはいたものの、しかしながら今夏行使可能な例外条項が含まれており、ボランチとCBを共にこなすポリバレントなディフェンダーの獲得には、シャルケは移籍金1100万ユーロを投じることになる。

マネージャーを務めるクリスチャン・ハイデル氏は「ブンデスリーガに精通し、フレキシブルにプレー可能なディフェンダー、サリフ・サネを迎え入れることができた」とクラブ公式にて述べ、「シャルケ入りを決断してくれて嬉しく思う」と喜びを語った。一方のサネは、「夏からシャルケの一員となれる」ことへの喜びをみせつつも、今は「100%、ハノーファーでの残りのシーズンに集中しているよ」とも強調している。

2013年にASナンシー=ロレーヌから加入したセネガル代表は、本来はボランチを本職としていたものの、現在はセンターバックとしてプレー。空中戦を得意とし、ここまでのリーグ戦123試合で11得点をマークしてきた。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報