ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年04月18日

今季飛躍へ導くテデスコ監督との延長オプションをもつシャルケ

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に行われたボルシア・ドルトムントとの決戦を制し、チャンピオンズリーグへの復帰へと大きく前進を遂げたFCシャルケ04。すでにkickerでは昨年末にお伝えした通り、今季から指揮をとるドメニコ・テデスコ監督との間には延長オプションが存在しており、契約期間の2019年までにCL出場権を獲得した際には、テデスコ監督との契約期間はさらに2年間、2021年まで延長されることが可能となる。

当然ながらその際にはサラリー面についても大幅に改善がなされることになるのだが、さらに1回チャンピオンズリーグ出場権を獲得するたびに、ボーナスとして25万ユーロが追加されるシステムにもなっている模様。しかしながらブンデスで2番目に若い青年指揮官は、金銭面を最優先事項としてはとらえてはおらず、実際に昨夏にレヴァークーゼンからも関心が寄せられた同氏は、サラリー面では劣っていたとみられるシャルケのオファーを受け入れており、年俸100万ユーロを下回る金額は、ブンデスリーガ全体での平均値よりも下回るものだ

2017年の間で合計3クラブで指揮をとったドメニコ・テデスコ監督。昨年末時点ではTSGホッフェンハイムのU19にて、その後は降格の危機に瀕していた2部アウエで指揮をとり、そしてそこで残留を果たした今夏からは、シャルケ04にて指揮官を務めてリーグ戦2位へと浮上させるなど、この1年で目覚ましい飛躍を遂げている。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報