ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月19日

ユベントスとのレンタルが切れるベネディクト・ヘヴェデス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


現在ロシアで行われているワールドカップでは、ドイツ代表は連覇をめざし続くスウェーデン戦へと臨むところだが、しかし前回優勝メンバーのベネディクト・ヘヴェデスはその様子を外から見るしかない。昨夏にユベントスへとレンタル移籍した元ドイツ代表DFだが、しかしながら負傷などの影響もあって、リーグ戦での出場はわずか3試合にとどまった。

そして伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが伝えたところによれば、ユベントス側にはヘヴェデスの完全移籍での獲得に関心はなく、一方のヘヴェデス自身も先週木曜、メルセデスベンツ・シュポルトプレッセ・クラブにて「いったん戻り、これから数週間かけて今後の事を考えるよ」と移籍を匂わせる発言を行っている。

2001年にシャルケの門を叩いたヘヴェデスは、プロとして10年間、キャプテンとしては6年間過ごしており、これまでブンデス1部240試合に出場。2014年夏にはドイツ代表として、ワールドカップ優勝にも貢献。

しかし今季から指揮をとるドメニコ・テデスコ監督は、そのヘヴェデスをキャプテンから外すことを決断。当時ハイデル氏は、ヘヴェデスが失望していたことを明かしていた。

ディ・サントはシャルケ残留の流れ

一方でシャルケでバックアップに甘んじる日が多いフランコ・ディ・サントについては、今夏の移籍候補の一人にも目されているものの、しかしながらkickerが得た情報によれば来季まで契約を残すベテランFWは、どうやらこのまま残留してシーズンを迎えることになるようだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報