ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月08日

シャルケが中国・北京にストアを開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


中国北京市中心部にあるデパートKomplexは、土曜日は大いに盛り上がりをみせた。このデパートの4階に、シャルケのユニフォームを継続的に購入可能なストアが開設。広さは80平方メートルで、そこにはシャルケグッズもならべられる。「さらにショップを(世界中に)オープンしていることも考えているよ」と、国際化に向けてさらなる一歩を記したシャルケの、マーケティング担当アレクサンダー・ヨブスト氏はそう語った。

新たなユニフォーム・サプライヤーとなるアンブロ社は、将来的に向けてシャルケ04へ高い期待値をもっており、その現れかこの日のオープニングイベントは盛大なものとなった。シャルケではここのところ人事面でのいざこざもおこっていたが、それに関係はないようで、何百人という中国人がおとずれ、携帯で写真をとったり、サインを求めるなどしている。

そこにはマスコットキャラクターのエルウィンの他、フランコ・ディ・サント、ティロ・ケーラー、そしてウェストン・マッケニーらが出席。ファンからは「ウェストン、その体重であなたは満足?」と聞かれ、「そうだね、ダイエットしないと」とマッケニーも冗談で返す姿も見受けられた。なお2時間にわたってシャルケのクラブソングが流れ続けたことから、そこにいた中国人たちからもその歌を口ずさむ様子が見て取れており、ここ遠い中国でこれほどイベントで盛り上がりを見せることは実に喜ばしいことだ。

なおこの日のシャルケの新ユニフォームの販売は、世界に先駆けて行われたものであり、販売価格は通常価格よりもおよそ25ユーロ低く設定されているとのこと。その理由について、ヨブスト氏は「まったく異なる市場だ。それに値段設定は、我々がどうこうすることではなく、メーカーが決めることだしね」と説明した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報