ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月16日

シャルケ、今季のホーム用のユニフォームは「シンプルかつ伝統的」

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日行われていた中国ツアー期間中に、シャルケはまずはアウェイ用のユニフォームを発表。「長年使われていた白」とは異なり、グレーが基調となっており、マーケティング担当のアレクサンダー・ヨブスト氏は「アンブロ社とともに、新しいデザイン、新しいカラーで、クラシックなサッカーユニフォームとモダンなジャージを作りだそうと考えたんだ」と説明していた。

 そして月曜日に発表されたホーム用のユニフォームは、シャルケ伝統のブルーに、炭鉱の地域としての象徴であるハンマーや鉄が幾重にも織り込まれており、新たにユニフォームサプライヤーとなったアンブロ社のロゴマークは胸元のみならず、袖口に白い部分にも連なる形であしらわれている。

 今回のホーム用のユニフォームを「誇りをもって」紹介したヨブスト氏は、「シンプルさ、我々の伝統を兼ね備えた」と評価、「非常にフレキシブルに要望に対応してくれた」アンブロ社へ感謝の気持ちを述べた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報