ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月19日

シャルケとヘヴェデスは「道を分かつ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


約1年ぶり、正確には322日ぶりにシャルケに戻って来たベネディクト・ヘヴェデス。しかし火曜日に行われた、非公開練習では、チーム練習に参加することはなく、水曜日についてもパフォーマンステストを受ける予定だ。

ヘヴェデスがチーム練習に参加する可能性については、まだシャルケ側からは明言されていないものの、ただ確かなことは、昨季にユベントスにレンタル移籍し、負傷などにより完全移籍を果たせなかった同選手が、引き続きシャルケのプランには含まれてはいないということだ。

クリスチャン・ハイデル氏は「我々としてはいたって普通にする。契約があるのだし。ただ移籍の方向で両サイドとも関心をもっているよ」と語った。

さらにに2週間前に母国モロッコにて死亡事故を起こしたアミーヌ・アリについては、シャルケの首脳陣はまだ公からは遠ざけているところであり、月曜日にはパフォーマンステストを実施している。

現在は現地にて捜査が行われており、過失致死の疑いがもたれるアリには逐次情報が伝えられているが、今の所はまだ処罰を受ける可能性については未定となったままだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報