ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年09月10日

アミーヌ・アリ、今度はモロッコ代表から出場停止処分に

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アフリカカップ予選マラウィ戦にて、3−0で勝利をおさめたモロッコ代表。しかしながらそこにはシャルケ所属の2選手、ハムザ・メンディルアミーヌ・アリの姿が見受けられなかった。

 試合後、モロッコ代表のエルベ・ルナール監督は「通常であれば、彼らは18人のメンバーに入ってしかるべき選手だ。しかしならが処分を与えることになったんだよ」と、規律面での問題があったことを指摘。

 その原因となったのは、同室となっている二人がそろって代表の練習に遅刻して来たことにあるようで、「集団の中に属する者として、当然時間は厳守すべきだ」とコメント。「処分を下すことで、他の選手たちにも示していくということにもなるんだ」と言葉を続けた。

 特に今夏ロシアで行われたワールドカップ後にアリは、母国モロッコの首都マラケシュにて死亡事故を起こし執行猶予4ヶ月の有罪判決を受けている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報