ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

サイトポリシー

独サッカー専門誌kicker承認の下、kicker誌より翻訳記事を掲載しております。”当方”が意味する所は、(有)buxxter、ならびにOlympiaVerlag社を指すものとします。

著作権

当サイトの商標、ロゴマーク、画像、動画、テキスト情報、音声ファイル等のようないかなるコンテンツも、当方、または当方に承諾した個人・企業が権利を保有しており、肖像権、著作権、その他の知的財産権、これからに関連付随する諸権利を保護する法律によって保護されています。


また当方より承認を得ていない営利利用、公開、転載、転送、デジタル複製も禁じられており、法律で明示された私的利用の範囲を超えた複製、改変、頒布、アップロード、送信する事は厳格に禁じられております。文書で事前に許可を得て下さい。


以上の規定に反する行為に対しては、当方は法的措置を提起する場合があります。

免責事項

当ウェブサイトの情報につきましては万全を期してはおりますが、最新性、正確性、完全性、有用性、網羅性等の品質について保証するものではなく、当ウェブサイトの利用により被ったいかなる損害、不利益について一切の責任を負いません。また当ウェブサイトのコンテンツが掲載、表示の遅延、中断が生じたとしても、一切の責任を負いません。当ウェブサイトのコンテンツにはいかなる拘束力もなく、当方は予告を行う事なくコンテンツの全て、もしくは一部分削除、変更、追加する事ができ、当ウェブサイトの公開を一時的、もしくは永久的に終了する権利も有します。


当サイトの利用、もしくは利用出来なかった事によって発生する、いかなる損害、不利益についても一切の責任を負いません。


ハンブルク地方裁判所により1998年5月12日に下された判決(判決第312O85/98号)では、自身のサイトに他のウェブサイトへのハイパーリンクを埋め込んでいるプロバイダは、リンク先のコンテンツについて責任を負わなければならない場合があります。プロバイダがこの責任を逃れる為には、自身のサイトとリンク先のウェブサイトとの関係を明示的に否定する他ありません。


当ウェブサイトに掲載された、いかなる他のウェブサイトへのリンクに関しても、当方がその運営者や掲載されているコンテンツ等を保証するものでは一切ありません。


当方は当ウェブサイトがコンピューターウィルスに感染していない事、または有害なコンテンツが含まれていない事を保証しません。ユーザーはあくまで自己責任でアクセスするため、それにより生じる可能性のあるデータ喪失、コンピューターシステムの損傷等については、ユーザーが責任を負う事になります。

プライバシー

準拠法/管轄裁判所

上記の規定に関連して生じたドイツ連邦共和国の法律に準拠するいかなる法的紛争に関しても、その裁判権はマンハイム市の裁判所が有しております。


可分性

上記の規定、もしくはその一部が、将来的に既存の準拠法に準じない場合であっても、それ以外の規定はその影響を受けず、法的に有効な規定として存続します。また無効となった規定に関しても、その内容に可能な限り近い、別の規定と置き換えられるものとします。 |