ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月25日

W杯アジア最終予選突破へ…日本代表がKDDIとサポーティングカンパニー契約を締結

提供:サッカーキング
:kicker以外からの記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本サッカー協会(JFA)は25日、東京都内のJFAハウスで記者会見を実施。電気通信事業大手のKDDIとサポーティングカンパニー契約を締結したことを発表した。契約期間は2022年12月までで、男子日本代表をはじめ、なでしこジャパン(女子日本代表)、U-23、U-20、U-17、フットサル、ビーチサッカーなど、日本代表を全面的に支援していく。さらに、KDDIはJFAに加え、アジアサッカー連盟(AFC)、東アジアサッカー連盟(EAFF)とも契約したことを発表した。


KDDIの山田コミュニケーション本部長は、「非常に光栄です。KDDIの通信技術やサービスを通じて新しいものを提供していきたい」とコメント。現時点で明確なプランが発表されることはなかったが、「ワクワクするものを提供したいと思っています。KDDIのアセットを活用して、JFAと一緒に新しいことを作っていきたい」と目標を語った。


JFAの岩上和道事務総長は、「auにサポーティングカンパニーに入っていただけて非常にうれしく思っています。しかし、auが入ったことで、日本代表に対する大きな期待を背負ったと考えてます。それだけ責任も重いし、日本代表は勝っていかないといけないと感じております」と感謝の意を述べるとともに、日本代表のより一層の奮起を誓った。


ロシア・ワールドカップ、アジア最終予選の初戦を1週間後に控えるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「この契約を嬉しく思っています。W杯予選に向けて、非常に重要なサポートをいただけるということで、山田さんに『ありがとう』と言いたいです」と感謝を述べた。続けて「私たちスタッフの仕事は、ここ数十年で発展した通信技術なしではできません。代表候補には20人くらいの海外組がいます。彼らとコミュニケーションを取るためには携帯電話は絶対必要です。科学技術の発展のおかげで選手の顔を見ながら話せる。しかも、試合の映像も見ることができる。(頻繁に)海外に行くことはできないので、この技術は不可欠。auと契約できて誇りに思う」と喜びを口にした。


ハリルホジッチ監督がダルマで必勝祈願「右目は本大会に行けると決まったときに入れる」


25日、日本サッカー協会は都内で記者会見を実施し、サッカー日本代表が携帯通信会社大手のKDDIとサポーティングカンパニー契約を締結したことを発表した。会見では、KDDIの山田隆章コミュニケーション本部長からヴァイッド・ハリルホジッチ監督に記念品としてダルマが手渡された。


ハリルホジッチ監督はダルマにある思いを託し、左目を黒く塗った。「まずは伝統に沿って、一つだけ目を入れたんですけど、これは最終予選突破を祈って入れました。右目は本大会に行けると決まったときに入れる。そのときは、笑いのために口も書こうと思います」。そう言って会場を笑わせながらも、2018年ロシア・ワールドカップ出場への強い思いを示した。


最終予選突破への思いを込めてハリルホジッチ監督はダルマの左目を塗った(左はKDDIの山田隆章コミュニケーション本部長)
最終予選突破への思いを込めてハリルホジッチ監督はダルマの左目を塗った(左はKDDIの山田隆章コミュニケーション本部長)


「まだ最終予選を突破していないので、今のところ左目だけです。まだまだウインクをしている状態です(笑)。最終予選を突破すれば、右目がウインクからしっかり開いた状態になる。口を大きく笑い口にしたいと思います。それはみんなのために、サポーターも笑いという意味も込めています」


9月1日、日本代表のロシア・ワールドカップ最終予選が開幕。同組にはオーストラリアを筆頭に、中東勢らアジアの雄が顔を揃えた。注目の初戦は、昨年のAFCアジアカップ準々決勝で苦杯をなめさせられたUAEをホームに迎える。



king


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報