ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月23日

「勝つためにここに来た」ハリルがUAE撃破に意気込み…主将については明言せず

提供:サッカーキング
:kicker以外からの記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選・UAE(アラブ首長国連邦)代表戦を23日に控え、日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が前日記者会見に出席した。

 冒頭、ハリルホジッチ監督は「日本とUAEにとって、大事な試合になります。もちろん、両チームとも勝ちたいですよね。難しい試合になると思いますが、勝つためにここに来ました。簡単な仕事ではないと思ってます。まずはしっかり準備します」と述べた。

 グループBは現在、サウジアラビアと日本が勝ち点10、オーストラリアとUAEが勝ち点9と混戦模様。「4カ国が最終予選を突破する可能性があります。グループの最終節、その前の節でもどの国がW杯の出場権を獲得するかは分からない」と分析した。ホームでの第1節の対戦で敗れているUAEとの大一番に向けては、「準備する時間は本当に短かったですね。2回のトレーニングしかありませんでしたが、やるしかありません。この試合の重要性を、選手たちがしっかり認識するしかないですね。全員で明日の試合に向けて準備をしている段階です」とコメントしている。

 ひざの負傷により、欠場が決定しているMF長谷部誠については、「長谷部の不在は少し不利に働くと思いますが、仲間たちが全員で彼の穴を埋めようとしています」と語り「今、いる選手たちで集中していくことが大事です。本当に強い気持ちを持って準備しなければいけません。野心と希望を持ってですね」と説いた。

 また、長谷部の欠場により、誰がキャプテンマークを巻くのかという質問が及ぶと、「何人か候補がいます。(吉田)麻也かもしれないし、森重(真人)かもしれないし、(長友)佑都かもしれない。誰がキャプテンマークを巻くかは今夜決めます。選手たちとまずディスカッションして決めたいと思いますが、キャプテンは1人だけではありません。経験が必要とされる試合になるので、何人かキャプテンがいると思います」と明言は避けた。

 UAE対日本の一戦は、23日の24:30(24日 00:30)にキックオフを迎える。

きんg


  • ブンデスリーガ・各チーム情報