ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月27日

今季躍進のライプツィヒ、主軸MFの放出に100億円を要求か

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 数々の欧州ビッグクラブから関心が寄せられる、ライプツィヒに所属するギニア代表MFナビ・ケイタに対し、クラブが強気な姿勢を見せたようだ。26日付でイギリス紙『ガーディアン』が報じた。

 今シーズン、ブンデスリーガ昇格1年目ながらバイエルン・ミュンヘンに次ぐ2位と、躍進を果たしたライプツィヒ。その立役者の一人となり、評価を上げたケイタには特にリヴァプールから強い関心が寄せられている。

 同紙によると、リヴァプールはケイタに対し5000万ポンド(約71億4000万円)のオファーを提示したが、ライプツィヒ側はこれを拒否。7000万ポンド(約100億円)以下では放出しない意思を明確にしたようだ。

 また、ライプツィヒで10番を背負い、今シーズンのブンデスリーガで8ゴールを記録したスウェーデン代表MFエミル・フォルスベリに関しても同様の考えを持っているようで、価値を“100億円”に設定した模様だ。


きんg
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報