ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月28日

ハリル、メンバー発表前に異例の“お話”「日本独自のアイデンティティを築くべき」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本代表のメンバー発表記者会見が28日に行われ、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が会見に登壇。メンバー発表の前に異例の“お話”があった。

 冒頭、ハリルホジッチ監督は「日本サッカーではポゼッションが大切ということをよく耳にする」と語り始め、「もちろん、得点を取るためにはポゼッションが必要だと思う。ただ、相手よりもボールを持っていても、勝てるとは限らない」と持論を展開。そして同日に行なわれたチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節、パリ・サンジェルマン対バイエルンのスタッツを紹介した。ボールポゼッション率、パス数、シュート数、CK数ではバイエルンが圧倒したが、ハリルホジッチ監督が就任以降常に口にしている“デュエル成功率”ではパリ・サンジェルマンが上回っていることを引き合いに出し、再度デュエル成功率の重要性を説いた。なお、試合は3-0でパリ・サンジェルマンが勝利している。

「スペイン代表、フランス代表、ブラジル代表、ドイツ代表、イングランド代表……。それぞれの国にサッカーのアイデンティティがある。日本人選手の特徴をもとに、独自アイデンティティを持たなければいけない」と指摘した。


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報