ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月02日

日本代表、合宿中にまさかのアクシデント…停電の影響で練習撤退

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2日、日本代表が豊田市内で合宿2日目の練習を実施。その途中、停電で練習を切り上げる事態が起きた。

 18時15分頃に施設全体が突如、停電した。初日から練習に参加している9名がフットバレーを行なっている最中に、グラウンドの照明も消えた。数分で復旧したが、雨が激しかったこともあり、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は練習を切り上げる決断をした。この日からDF吉田麻也(サウサンプトン)やFW武藤嘉紀(マインツ)などの海外組5名と浦和レッズの2名が練習に参加していたが、ランニングを終えてすでに室内でストレッチをしていたため、大きな影響はなかった。

 中部電力のホームページによると、18時10分ごろに停電が発生した模様。豊田市保見町、みよし市 福谷町の一部で100戸未満の建物が被害にあっている。


きんg