ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月06日

倉田の決勝点は代表初ゴール! 交代選手躍動の日本がニュージーランド撃破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キリンチャレンジカップ2017が6日に豊田スタジアムで行われ、日本代表とニュージーランド代表が対戦した。

 日本代表はGK川島永嗣が先発。CBには槙野智章を起用し、吉田麻也とコンビを組む。SBには酒井宏樹と長友佑都が入った。これまで1枚だった中盤の底だが、今回は山口蛍と井手口陽介の2ボランチ。トップ下には香川真司が入った。前線の3枚には武藤嘉紀、久保裕也、大迫勇也が選ばれている。

 雨が降りしきる中行われた一戦。最初にチャンスを迎えたのは日本だった。6分、槙野からのロングパス1本で久保が右サイドを抜け出す。ボールは走り込んだ大迫に向かったが、相手DFが一瞬先にボールに触れてCKに逃れた。さらに8分、ゴール前への浮き球がこぼれ、拾った香川が鋭いキックフェイントでかわして右足でシュートを打ったが、惜しくもポストに阻まれた。

 左サイドで起用された武藤は大迫と良いコンビネーションをみせる。武藤のポストプレーから大迫がシュート、という展開が短時間で2回観られた。武藤も22分、左サイドでスピードに乗ったまたぎフェイントでDFを外し、左足でシュートを打つがミートできなかった。

 ニュージーランドは30分、ロングパスで吉田の裏を取り、クリス・ウッドが左足で強烈なシュートを放つがバーの上を超えて事なきを得る。日本は33分、川島からのロングパスを大迫が競り勝って後方にそらすと、1人反応していた久保がGKをかわしてシュートを放つが、難しい角度からというのもあり枠に飛ばせない。

 43分、日本は自陣でボールを奪うと久保、山口、武藤、長友と繋ぎ、武藤とのパス交換から長友がクロス。マークを外した大迫がヘディングシュートを狙うがシュートはわずかに枠の上に飛んだ。前半をスコアレスで折り返す。

 後半開始直後、日本に待望の先制点が生まれる。49分、左サイドからゴール前に進入した山口がシュートを打つと、これがアンドリュー・デュランテの手に当たり、PKが与えられる。これを大迫が右にきっちり沈めてリードを奪った。

 しかし59分、ニュージーランドに同点弾を許してしまう。左サイドからの攻撃を止めきれず、クロスを上げられると、吉田と酒井の間でフリーになったウッドに強烈なヘディングシュートを叩き込まれた。日本は直後、香川に代えて小林祐希、大迫に代えて杉本健勇を投入。中盤の配置を変更し、山口が1人で中盤の底を担う。70分には武藤に代えて乾貴士を投入し、打開を図る。

 75分には杉本が長友からのパスに抜け出し1対1を仕掛ける。抜き切らず意表を突いてカーブをかけたシュートを狙うが右にそれる。直後に放った長友のミドルシュートは枠を捉えていたが、GKのファインセーブに遭う。78分には久保に代えて浅野拓磨を、82分には井手口に代えて倉田秋をピッチに送った。

 するとその倉田が結果を残す。88分、左サイドから乾が得意のドリブルで縦に突破し、クロスを上げる。ファーサイドの酒井が頭で折り返すと、倉田がダイビングヘッドで押し込み、ゴール。倉田の代表初ゴールで日本が再びリードした。

 アディショナルタイムに山口に代えて遠藤航を投入した日本。試合はそのまま終了のホイッスルを迎え、日本が追いつかれながらも2-1で勝利を掴んだ。

 日本代表は10日、日産スタジアムでハイチ代表と対戦する。

【スコア】
日本代表 2-1 ニュージーランド代表

【得点者】
1-0 50分 大迫勇也(日本、PK)
1-1 59分 クリス・ウッド(ニュージーランド)
2-1 88分 倉田秋(日本)


きんg