ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月07日

「集中力が足りない」日本代表…落胆のハリル監督「FKを取るように指示したが…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キリンチャレンジカップ2017が6日に豊田スタジアムで行われ、日本代表とニュージーランド代表が対戦した。FW大迫勇也のPKで先制した日本は、59分に同点弾を許したものの、後半終盤にMF倉田秋が決勝点を記録し、2−1で勝利した。

 日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、試合後の会見で「非常に難しいゲームだった」と振り返り、先制後の試合運びを課題の一つに挙げた。

「(得点後にペースダウンしてしまったことは)今日が初めてではない。先制点を奪いながらも、主導権を相手に渡してしまった。相手にチャンスが訪れ、同点にされてしまったことは偶然ではない。我々は試合をコントロールできなかったのだ」

 また、20本のシュートを放ちながら、2点を奪うにとどまった決定力について質問が及ぶと、「10回の得点機があった。シュートは不運にも枠に飛ばなかった」と回答。「焦りや集中力が足りない」と分析した上で、「代表合宿だけでなく所属クラブでの取り組みも重要だ」と説き、個々のレベルアップを要求した。その一方で、“チームとして抱える問題”については、「受け入れられない」と語気を強める。それはつまり、相手ゴール前におけるセットプレーの少なさだ。「選手たちには相手のペナルティエリア付近でFKを得ようと話したのだが…」と落胆した表情を見せた。「強いチームはFKからゴールネットを揺らしている」と強豪国を引き合いに出し、セットプレーは試合を制する上での重要な要素だと位置づけた。

 現在のチーム状況は「いい状態とは言えず、ワールドカップ本大会で通用するレベルにない」と語るが、それでも勝利という結果で示した点は称賛。「選手たちも高い意識を備えている。しっかりと準備をし、向上するビジョンを持っていきたい」と今後を見据えた。

 日本代表は10日、日産スタジアムでハイチ代表と対戦する。


きんg