ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月06日

日本代表、ロシアW杯に臨む“新戦闘服”公開…コンセプトは「勝色」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6日、アディダスはサッカー日本代表が2018 FIFAワールドカップ ロシア大会で着用する新ホームユニフォームを公開した。

 今回のユニフォームに込められたコンセプトは勝利への魂で染め上げた「勝色(かちいろ)」。これは日本の伝統色である深く濃い藍色を意味しており、武将たちが戦いの際身にまとった鎧下に使われる藍染の生地において、最も濃い一色とされてきた。

 勝色の深く濃い藍を出すためには布を叩きながら染めることから、“叩く=褐(かつ)=勝つ”にかけて、勝利への験担ぎをしていたと伝えられている。伝統的な勝色をホームユニフォームのベースカラーに用いることで、ジャパンブルーの原点に立ち返り、日本代表の勝利がイメージされている。

 同ユニフォームは、10日のブラジル戦から着用される。


きんg
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報